厳木・吉田真舟(チーム唯一の3年生で攻守に奮闘) 主将らしく、最後まで声とプレーで引っ張ることができた。

  嬉野・岩永直也(最後の打席で意地の二塁打) 打ったのは高めの直球。七回までなんとかプレーを続けたかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加