2回戦・早稲田佐賀-鳥栖工 早稲田佐賀延長10回表1死二、三塁、5番谷澤雄磨が2点適時打を放ち、4-2と勝ち越す=佐賀市のみどりの森県営球場

 終盤追い上げた早稲田佐賀が鳥栖工との延長戦を制した。

 早稲田佐賀は2-2の延長十回、先頭の2番権藤が右前打で出塁すると3番眞子の犠打で進塁。4番中村康が二塁打で1死二、三塁と好機を広げ、5番谷澤が左前打を放ち2点を勝ち越した。投げては清水、森田の継投で鳥栖工打線を6安打に抑えた。

 鳥栖工は五回、6番酒井の適時打などで2点を先制したが、守備の乱れが響いて逆転を許した。

▽2回戦(みどりの森県営球場)

早稲田佐賀000 000 101 2 4

鳥 栖 工000 020 000 0 2

(延長十回)

▽三塁打 森田(早)

▽二塁打 酒見、中野、中村康(早)福井、原口(鳥)

▽早稲田佐賀  打安点

(5) 酒 見 421

(6) 権 藤 420

(7) 眞 子 300

(2) 中村康 510

(8) 谷 澤 412

(9) 寺 田 510

(3) 中 野 420

(1) 清 水 210

 1  森 田 211

(4) 中 島 300

        打 安点

     計 36114

 振球犠盗失併残

 5252009

▽鳥栖工    打安点

(8) 千 年 500

(6) 原 口 410

(9) 磯 野 400

(3) 福 井 410

(5) 松 尾 410

(1) 酒 井 421

(7) 古 沢 100

 H  新 郷 100

(2) 岡 本 300

(4) 高 田 311

        

     計 3362

 振球犠盗失併残

 7220325

▽投手 回 安振球

清 水 5 331

森 田 5 341

▽投手  回  安振球

酒 井 10 1152

このエントリーをはてなブックマークに追加