鳥栖-福岡 前半23分、先制点を決めて喜ぶ鳥栖DF木谷公亮(中央)ら=2010年、福岡市のレベルファイブスタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖は23日19時から、福岡市の敵地・レベルファイブスタジアムでアビスパ福岡と対戦します。

 リーグ戦のアウェー福岡戦は2010年4月25日以来6年ぶり。前回はJ2での対戦。鳥栖は、前半にCKから木谷公亮(現鳥栖コーチ)がヘディングで決めた虎の子の1点を守りきって勝利しています。

 第2ステージに入って負けなしの鳥栖。敵地であっても最下位の福岡には負けられません。皆さん、アウェーの地をサガンブルー・ピンクで染めて、応援をよろしくお願いします!

【2010年4月26日付・佐賀新聞】

 鳥栖はDF木谷が前半に挙げたゴールを守り切り、1―0で福岡との九州ダービーを制した。

 両チームとも前半は硬さからか気持ちばかりが先行して、細かいパス回しなど互いに持ち味が出せなかった。それでも、鳥栖はセットプレーで相手ゴールに迫り、DF木谷のヘディングなどでゴールを脅かした。23分、DF金民友のCKに、再び木谷が飛び込み、頭で合わせて先制。1―0で折り返した。

 後半は、同点ゴールを狙う福岡の攻勢を受けた。13分の相手直接FKは、クロスバーを直撃。ただ、ピンチはあっても、粘り強い守備と、相手の拙攻にも助けられ無失点でしのいだ。30分には、福岡のDF中島が2枚目のイエローカードで退場し数的優位に。試合終盤は、途中出場のFW萬代、MF藤田らが積極的にシュートを狙った。追加点こそ奪えなかったが、最後まで失点を許さなかった。

 ▽サガン鳥栖・先発

GK赤星拓、DF丹羽竜平・木谷公亮・呂成海・金民友、MF早坂良太・藤田直之・衛藤裕・山瀬幸宏、FW池田圭・豊田陽平

このエントリーをはてなブックマークに追加