「これくらいでいいだろう」と書いた作文が先生の目に止まり、「よくできた作品」として音読させられたことがある。小学生ながら、過大評価にばつが悪かったのを覚えている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加