4日の公演に向けて練習に余念がない出演者たち。右端が舞工房ヒロセの広瀬幸子代表=鳥栖市蔵上公民館

 チャリティー舞踊公演「踊り座発表会」が4日午前10時から鳥栖市民文化会館大ホールで開かれる。主宰の舞工房ヒロセの広瀬幸子代表(70)=同市元町=は今回が10回目で打ち上げ(最終)公演になり、「出演者一同、精いっぱい踊ります」と来場を呼び掛けている。

 今回は同市、佐賀市、八女市などから約10団体50人が出演し74曲を披露する。カラオケやチンドン隊も登場し、佐賀市の津軽三味線奏者高橋浩寿さんが「津軽じょんがら節」などを演奏する。最後は出演者全員が舞台に上がって北島三郎の「涙の花舞台」でフィナーレを飾る。

 入場無料。会場で募金を呼び掛け、手作りの小物のチャリティー販売なども行う。益金は「NPO法人わかば」と「しょうがい生活支援の会すみか」に贈る。午後5時ごろ終演予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加