佐賀県地域産業支援センター(佐賀市)は5日、6次産業化の取り組みを推進するため、農林漁業者や商工業者らを対象にした人材育成研修会を開く。参加無料。

 自社で生産したブドウなどをドライフーズとして販売するドリームファーマーズ(大分県宇佐市)の宮田宗武社長が「産地が干される前にぶどうを干しました」と題して講演する。活動紹介では、藤津郡太良町で養豚業を営む永渕ファームリンクの永渕政信社長が6次産業化の取り組みを発表する。

 会場は佐賀市のグランデはがくれで、午後1時半から同4時まで。研修会終了後の個別相談は事前申し込みが必要。問い合わせは同センター、電話0952(34)4418。

このエントリーをはてなブックマークに追加