鳥栖は終始試合の主導権を握り名古屋を攻めたが、相手GKの好守に阻まれ0-0に終わった。 鳥栖攻撃陣は立ち上がりから積極的に相手ゴールに迫った。前半12分にはFW豊田がゴール前で反転して左足でシュート。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加