明治安田生命J1リーグ第2ステージ第4節は17日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどで9試合があり、サガン鳥栖は名古屋グランパスと0-0で引き分けた。通算成績は6勝7分け8敗(勝ち点25)で13位に後退した。

 鳥栖は11本のシュートを放ったがノーゴール。相手を無得点に抑えながら勝利を逃した。

 横浜Mは広島に終盤追い付いて2-2で引き分け、勝ち点10で第2ステージ首位に立った。磐田と1-1で引き分けた年間勝ち点首位の川崎が総得点差で2位。浦和は大宮と2-2で引き分け、得失点差で3位。全勝チームはなくなった。

 G大阪-福岡は無得点でドロー。第1ステージ覇者の鹿島も甲府と引き分けた。神戸は湘南に快勝し、柏はFC東京を下した。仙台は新潟に競り勝って第2ステージ初勝利。

 第5節は23日に9試合があり、鳥栖は午後7時から福岡県のレベルファイブスタジアムでアビスパ福岡と戦う。

※佐賀新聞紙面紙面ビューア(http://www1.saga-s.co.jp/viewer/plan.html)に複数写真。

このエントリーをはてなブックマークに追加