第36回国体九州ブロック大会は17日、宮崎県新富町漕艇場などあり、県勢はボート少年女子ダブルスカルで國元悠衣・小松倫子組(唐津ジュニアRC)が優勝するなどボート3種目で本国体出場を決めた。テニス成年女子団体、サッカー少年男子、山岳少年男子、同少年女子も本大会の切符を手にした。

 馬術は前日競技を行った成年女子が馬場馬術と自由演技馬場馬術で、少年が自由演技馬場馬術でいずれも本大会出場権を獲得した。

<ボート> ◇最終日

 【成年男子】舵手付きフォア決勝 (3)佐賀県選抜3分11秒53=本大会出場

 【成年女子】舵手付きクォドルプル決勝 (2)まいづる百貨店3分35秒51=本大会出場

 【少年男子】ダブルスカル決勝 (4)内本悠太・吉本紘大(唐津ジュニアRC)3分24秒45

 【少年女子】ダブルスカル決勝 (1)國元悠衣・小松倫子(唐津ジュニアRC)3分44秒92=本大会出場

<テニス> ◇最終日

 【成年男子】本国体出場決定戦 大分2-0佐賀=第5代表決定戦へ▽第5代表決定戦 長崎2-1佐賀

 【成年女子】本国体出場決定戦 佐賀2-0大分=佐賀は本国体出場

<山岳> ◇最終日

 【成年女子】リード競技 (6)佐賀(山口歩、吉岡朋美)20・5点

 ▽総合順位 (6)佐賀

 【少年男子】リード競技 (1)佐賀(※鶴本直生、小島麟太郎)7点

 ▽総合順位 (2)佐賀=本国体出場

 【少年女子】リード競技 (2)佐賀(岸川弓子、樋口結花)7点

 ▽総合順位 (2)佐賀=本国体出場

※鶴の正しい表記は雨カンムリに鶴

<サッカー> ◇第2日

 【少年男子】リーグ戦Bパート 佐賀2-0長崎=本国体出場

このエントリーをはてなブックマークに追加