東堂(とうどう)ひびき「福の神の弟子(でし)」になった小学五年生。「絵理乃(えりの)ちゃんとケンカして、落ちこんでいたら、貧乏神(びんぼうがみ)のミユキさんが、話を聞いてくれたんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加