プロ野球・西武ライオンズの辻発彦監督(58)=佐賀市出身=の父、辻廣利(つじ・ひろとし)さんが1日午後10時23分、心不全のため佐賀県内の病院で死去した。86歳。2日、球団が明らかにした。通夜は近親者で済ませ、告別式も近親者のみで行う。辻監督は宮崎キャンプ中のため参列しない。

■ 亡き父に優勝誓う キャンプに残る辻監督

 辻監督は前夜(1日)に佐賀県内の病院で父広利さんが心不全で亡くなったが、チームにとどまることを決めた。以前から体調を崩していたと言い「1月30日に会って、ありがとうと感謝を伝えた。おやじも『こんでよか』と言うと思う」と気丈に話した。

 球団の前身である西鉄のファンだった父に連れられ、佐賀から福岡まで試合観戦に通ったそうだ。「今の僕があるのはおやじのおかげ。今年のペナントを勝ち取って優勝したい」と天国の父に誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加