総合開会式で力強く入場行進する選手たち=佐賀市の県総合運動場陸上競技場

 第55回佐賀県高校総合体育大会第1日は2日、佐賀市の県総合運動場などで17競技が行われ、柔道団体の男子は佐賀工が2年ぶり6度目、女子は小城が3年ぶり14度目の県王座に就いた。剣道の女子団体は三養基が2年ぶり10度目の頂点に立ち、男子個人は谷口祥磨(龍谷)が制した。

 バドミントン団体男子は唐津南が10連覇、女子は佐賀女子が45連覇を達成。新体操団体は男子の神埼清明が35年連続48度目、佐賀女子が41年連続41度目の栄冠に輝いた。陸上は女子5000メートル競歩で渡辺夕奈(清和)が24分11秒61の大会新で優勝。今大会から正式種目の女子棒高跳びは峰穂果(唐津東)が2メートル95の県新記録を出した。

 第2日は3日、同競技場などで29競技が行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加