決勝・サガン鳥栖U12-FCレヴォーナジュニア 後半、鳥栖MF先田颯成(左)がシュートを決め、4-1とする=県総合運動場陸上競技場

優勝したサガン鳥栖U12の選手たち=県総合運動場陸上競技場

準優勝したFCレヴォーナジュニアの選手たち=県総合運動場陸上競技場

 JA杯第31回佐賀新聞学童オリンピック大会サッカー競技(県サッカー協会・佐賀新聞社主催、JAグループ佐賀特別協賛)最終日は18日、佐賀市の県総合運動場陸上競技場で準決勝と決勝があった。決勝はサガン鳥栖U-12(鳥栖市)がFCレヴォーナジュニア(鹿島市)を4-1で下し、2年連続6度目の頂点に立った。

 試合は8人制、20分ハーフで実施。表彰式では、県サッカー協会の佐久間博副会長やJA共済連佐賀の黒田淳一管理部長らが、上位チームに賞状やメダルを手渡した。

 今大会のベスト16以上のチームは、12月に開かれる九州ジュニアU-11サッカー大会県予選に出場する。

このエントリーをはてなブックマークに追加