■佐賀商 尾崎陽喜2適時打の活躍 意地でも自分が打ってやると思って打席に入った。次もガツガツやりたい。■敬徳 山下凌主将と捕手を務めチームをけん引 粘投した前田と坂本を援護したかったができなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加