小刻みに得点を重ねた伊万里が敬徳を七回コールドで破った。

 伊万里は初回、四球で出た1番岩永が犠打と暴投で三塁まで進み、2死から4番草野の右前打で1点を先制。五回まで1点ずつを加えリードを広げると、六回には5番田中の二塁打などで3点を奪った。投げてはエース川原が敬徳打線を4安打1失点に抑えた。

 敬徳は初回2死一、三塁の先制機を逃すと、その後は打線がつながらなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加