ランプを中心に約40点の作品が並ぶ会場=佐賀市の佐賀玉屋本館

 淡い日本的な色使いでランプなどを制作する川島政則さん(76)=福岡市東区=のステンドグラス展が佐賀市の佐賀玉屋本館で開かれている。ランプやあんどん、びょうぶなど約40点が並ぶ。6日まで。

 川島さんは来年活動40周年を迎えるステンドグラス作家で、全国各地の百貨店などで個展を開いている。佐賀での開催は12年ぶり2回目。日本家屋の色合いになじみやすい穏やかな色調で、ツバキや竹など植物を中心に和風のモチーフを用いた作品を多く制作する。展示と同時に販売も行い、小さいランプは4千円から。窓やドアガラスなど、オーダーステンドグラスの注文も受ける。3日から5日は、川島さん本人も来場する。

このエントリーをはてなブックマークに追加