民進党佐賀県連は29日、佐賀市で常任幹事会を開いた。蓮舫代表の辞任表明について、党政調会長を務める県連代表の大串博志衆院議員は「残念に思う」と述べ、代表選やその後の党運営に向けて結束していく方針を確認した。

 大串代表は冒頭のあいさつで、都議選での敗北に触れ「わが党が安倍政権批判の受け皿になり得ていない現状もある」と分析し、党の立て直しを模索していく姿勢を強調した。

 県連最高顧問の原口一博衆院議員は「党の形やガバナンスを変えなければならない」と述べ、衆院解散も視野に入れながら挙党態勢で取り組むよう呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加