序盤にリードした佐賀商が東明館の追い上げを振り切った。

 佐賀商は二回、2死二塁から9番尾崎の中越え二塁打で1点を先制すると、三回には打者一巡の猛攻で5安打を集め、一挙4点を加えた。投げては先発の諸隈が五回途中までで2失点。その後は救援の永渕、木村が要所を締めて、六回以降を無失点で抑えた。

 東明館は三回から救援した緒方雄が好投したが、二つの併殺などで打線が波に乗れなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加