3回戦・佐賀学園-佐賀北 延長十一回1死二塁、7番赤峰魁賢の中前打でサヨナラのホームに飛び込む二走樋口魁。右は佐賀学園の捕手・川口大地=みどりの森県営球場

 佐賀北が佐賀学園と延長十一回にもつれた接戦を制した。

 佐賀北は2-2で迎えた延長十一回、先頭の5番樋口が敵失で出塁。6番古賀が犠打で二塁に進めると、最後は7番赤峰が中前打を放って勝負を決めた。投げては五回途中から救援した中島が低めを丁寧に突き、八回以降を三者凡退に抑えて流れをつくった。

 佐賀学園は日永田と藤木が粘り強く投げたが、守備の乱れが響いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加