友人同士で記念撮影する入学生=佐賀市文化会館

■西九州大、短大部 人として価値高める

 西九州大学(神埼市)と同大短期大学部(佐賀市)の入学式が5日、佐賀市文化会館であった。中高年向けのエルダーカレッジの入学生を含む691人が、希望を胸に新たな一歩を踏み出した。

 大学の入学生を代表し、健康福祉学部の岩本雄斗さんが「勉学にいそしみ、教養や専門の真理を求め、人としての価値を高める」と宣誓。福元裕二学長が「地域での活動に積極的に関わることで、何が必要とされているかを自分の目と耳で確かめ、視野を広げてほしい」と激励した。

 短大部は本年度、食物栄養学科と生活福祉学科を統合して「地域生活支援学科」を開設した。旧学科をそれぞれ「食生活支援コース」「福祉生活支援コース」とし、国際交流や地域貢献に関わる人材育成を目指す「多文化生活支援コース」も設置した。

 多文化生活支援コースに入学した金崎遥香さん(18)は「食や福祉も含めて幅広く学べることが魅力的だった。語学留学にもチャレンジしたい」と意欲的だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加