佐賀県の県立中学、高校の教育情報システムなどから延べ1万5千人分を超える個人情報が流出した事件で県教育委員会は19日、県立高校の生徒7人が、不正アクセス禁止法違反容疑で警視庁に逮捕された無職少年(17)=家裁送致済み=らと情報を共有するメンバーだったとする調査結果を発表した。近く第三者委員会を設置して検証する。

 県教委は1~15日、県立高校7校の生徒15人に聞き取り調査をした。捜査協力をする中で氏名が浮上したり、教育情報システム「SEI-Net(セイネット)」に不正アクセスした形跡があったりした生徒に、各校の教頭や生徒指導の教諭が事実関係を確認した。

 このうち「情報収集会議」と称し、インターネット電話を通じて情報を共有するなどしていた生徒は同じ高校の7人で、同容疑で書類送検された2年生の男子生徒も含まれていた。これに、逮捕された少年と、その友人を加えた計9人が会議のメンバーだった。

 生徒7人は動機について「少年に誘われ興味本位で入った」「グループのメンバーに誘われた」「情報を共有したかった」などと話した。書類送検された生徒は、不正アクセスで入手した情報を、自宅のパソコンとインターネット上の保管サービスに保存していたが、既に削除したという。

 メンバーの生徒のうち4人は夜、高校に侵入し、校内無線LANへ不正にアクセスする際、見張り役として関与していた。不正アクセスは少年が行い、少年の友人は車の運転手だった。

 聞き取りをした生徒15人のうち2人は、メンバーに自らの学習用パソコンのIDとパスワードを教えていたが、使用目的は知らなかった。6人は事件に関して全く心当たりがなかった。

 県教委は、学識者らで構成する第三者委員会を近く設置し、事件を検証した上で10月ごろまでに情報セキュリティー対策の強化に関して提言を受ける。学校の校務用のネットワークはネットから分離し、不正な侵入を防ぐシステムの構築を進める。

=佐賀県教育情報システム不正接続事件=

【関連記事】
不正アクセス事件 高校に侵入、学校の対応面白がる
B-CASカード使わずTV無料視聴 プログラム開発した少年逮捕
成績管理システム、21万件不正入手 佐賀の少年再逮捕
佐賀県立中高9校が被害 佐賀県教委、1万人分まで確認
成績まで流出、学校動揺 生徒「二次被害怖い」
教育システム侵入 高校生15人に聴き取り
県立高タブレット導入1年 教員、生徒「四苦八苦」
タブレット端末、県立高導入まで2カ月

このエントリーをはてなブックマークに追加