3回戦・佐賀商-東明館 佐賀商3回表2死満塁、9番尾﨑陽喜が右前打を放ち三走野中翔太が生還、4-0とリードを広げる=18日、みどりの森県営球場

 序盤にリードした佐賀商が東明館の追い上げを振り切った。

 佐賀商は二回、2死二塁から9番尾崎の中越え二塁打で1点を先制すると、三回には打者一巡の猛攻で5安打を集め、一挙4点を加えた。投げては先発の諸隈が五回途中までで2失点。その後は救援の永渕、木村が要所を締めて、六回以降を無失点で抑えた。

 東明館は、三回から救援した緒方雄が好投したが、二つの併殺などで打線が波に乗れなかった。

=選手ひとこと=

○佐賀商・尾崎陽喜(2適時打の活躍)

 意地でも自分が打ってやると思って打席に入った。次もガツガツやりたい。

○東明館・山崎雅史(主将としてチームをけん引、5回に右中間の打球を好捕)

 打撃で結果を残せなかった分、守備で助けたかった。

■3回戦(みどりの森県営球場)

佐賀商014 000 000 5

東明館001 010 000 2

▽二塁打 中村、尾崎、三島(佐)

佐賀商5―2東明館

 佐賀商   打安点

(8) 空 閑531

(6) 三 島430

(9) 山口雄521

(2) 野 中100

(7) 龍 野300

 H  南 里100

 7  福 田100

(5) 中 村520

(4) 平 野511

 4  坂 田000

(1) 諸 隈000

 1  永 渕200

 1  木 村000

(3) 尾 崎422

   計 36135

 振球犠盗失併残

 76202212

 東明館   打安点

(8) 山 崎400

(4) 久保山310

(9) 野 口300

(2) 木 実420

(3) 木 谷410

 R  長 家000

(7) 稲 田300

 H  井 出100

(6) 中 村420

(1) 萩 尾000

 1  緒方雄310

(5) 竹 上211

   計 3181

 振球犠盗失併残

 5211005

投 手回 安振球

諸 隈40/3620

永 渕41/3222

木 村 2/3010

萩 尾20/3602

緒方雄7 774

このエントリーをはてなブックマークに追加