優勝のゴールテープを切るSUMCO伊万里のアンカー梅田諒承選手=唐津市の唐津神社前(昨年の大会から)

 昨年の覇者で、6連覇を含む過去11度の優勝を誇る強豪。前回は前後半ともに逆転でトップに立ち、3年ぶりの頂点に立った。持ち味のつなぎ区間の強さを武器に、63、64回大会以来となる連覇を目指す。

 前回優勝の原動力となった古賀と松本の両エースが健在。好調を維持する若手の坂取、梅田に加え、練習量の豊富なベテラン渕上も3年ぶりに復帰して選手層は厚みを増した。

 つなぎ区間には、昨年区間賞の永益、杉光ら力のある選手が顔を並べる。盤石の布陣でライバルを迎え撃つ。

監 川久保圭一 59(37)

選 渕上 洋一 47(20)

〃 永益 邦弘 37(19)

〃 梅村 昭仁 34(16)

〃 古賀 慶彦 31(13)

〃 土田 将太 29(11)

〃 杉光 俊信 34(8)

〃 和嶋  奨 26(8)

〃 梅田 諒承 28(6)

〃 松本 千弘 24(6)

〃 樋渡 浩貴 25(4)

〃 坂取 健斗 20(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加