序盤に主導権を握った鹿島が、継投で小城打線を抑え込み、快勝した。 鹿島は初回1死一、二塁から4番武末の適時二塁打などで3点を先制。三、四回にも1点ずつを加え、七回に3番平方の適時打でだめを押した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加