衆院東日本大震災復興特別委員会が6日午前、開かれ、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者への対応を巡る発言が問題となっている今村雅弘復興相が出席した。今村氏は冒頭で「私の発言で皆さまにご迷惑を掛けたことをおわびする」と述べ、改めて謝罪した。委員会は福島復興再生特別措置法改正案を審議予定で、野党は国の対応の在り方などに関し今村氏の認識をただす見通しだ。

 質疑で、自民党の根本匠元復興相は今村氏に「いま一度気を引き締め、被災者に寄り添い、復興を全力で進めてほしい」と注文した。

 民進党は、郡和子(比例東北)、玄葉光一郎(福島3区)両氏らが質問に立つ。

 今村氏は4日の記者会見で、自主避難者について「(避難先からの帰還を)どうするかは本人の責任、判断だ」と述べたほか、質問した記者に「二度と来ないでください」「うるさい」などと発言。その後、謝罪した。しかし自主避難者や野党議員からは「閣僚の資質がない」などの反発、批判が広がっている。

 審議予定の福島復興再生特別措置法改正案は、帰還困難区域内に拠点を設け、除染を国費で進めることや、福島県から避難した子どものいじめ防止を明記している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加