熱気球世界選手権まであと100日に迫り、記念イベントを開く市熱気球世界選手権推進室の職員ら=佐賀市役所駐車場

 10月28日から佐賀市で開かれる熱気球世界選手権が20日、開催まであと100日を迎える。佐賀市は同日午後7時45分から呉服元町の656広場で、タレントで市プロモーション大使のはなわさんと、県勢唯一の世界選手権出場者の上田諭選手を招いて記念イベントを開き、新たなカウントダウンパネルのお披露目をする。

 イベントは、同広場で開かれるエビスビアパーティーに合わせて実施する。はなわさんと上田さんが壇上から大会をPRする。お披露目されるパネルはバルーンをかたどっていて、大会までの残り日数を示す電子タイマーが付いている。

 市熱気球世界選手権推進室の担当者は「今後も継続的にイベントを開催し、大会への機運を高めていきたい」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加