流れに逆らい、ロープをつたって川を上る参加者たち=唐津市七山の滝川川

 佐賀県は30日、高気圧に覆われ、嬉野市で午後2時52分に37・8度を観測した。佐賀地方気象台によると、前日から2・1度上がり、観測を始めた1977年以降の嬉野での7月史上最高気温をマーク。佐賀市は36・3度、白石町は35・8度で今年最高だった。

 31・4度だった唐津市では、玉島川の支流・滝川川を舞台に「2017国際渓流滝登りinななやま」が開かれた。木陰の中の清流を1380人が楽しみながら上った。

このエントリーをはてなブックマークに追加