クッションを使った授乳方法を学ぶ親子たち=佐賀市兵庫北のゆめタウン佐賀

 産後の母親の支援などを行う「poco a bocco(ポコアボッコ)」(佐賀市)は3日、同市のゆめタウン佐賀で、産後ケアをテーマにしたイベントを開いた。母親たちは相談・体験ブースで子育てに対する不安を解消した。

 助産師の相談コーナーでは、母親たちから離乳食に関する質問が寄せられた。食べ始める時期や料理の味付けについて、相談員の助産師が「離乳食は食事に興味を持ち始めてからでも大丈夫。私たちの病院では母乳で育てている場合は、少し味付けしたものを口にさせてもよいとしている」と答えていた。

 歯磨きの相談をした30代女性は「赤ちゃんが歯ブラシに慣れるための小さいブラシを、歯科衛生士さんに紹介してもらった。正しい歯磨きの仕方も教えてもらったので実践してみたい」と話していた。

 イベントには相談コーナー以外にも、メディカルハンドケアマッサージ体験や、赤ちゃんを寝かせて写真を撮る「寝相アート撮影」ができるワークショップコーナーもあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加