公園で男児をかんだヤマカガシとみられる毒ヘビ=30日午後、兵庫県警伊丹署

 29日午後6時ごろ、兵庫県伊丹市荻野8丁目の公園で、近くに住む小学5年の男児(10)が毒ヘビのヤマカガシとみられるヘビに右手首をかまれた。男児は病院に搬送され一時、意識不明の重体となったが、その後、意識は戻ったという。

 県警伊丹署によると、男児は友人と公園で遊んでいた。ヘビは友人がリュックサックで捕獲し、男児の母親に渡した。同日午後9時ごろになっても出血が止まらず、頭痛があるため母親が119番した。母親は30日午前に伊丹署に連絡し、ヘビは同署が引き取った。

 ヘビは体長60センチ程度とみられ、男児の症状からヤマカガシの可能性が高いという。日本蛇族学術研究所(群馬県)によると、ヤマカガシは本州、四国、九州の水田や河川近くに主に生息。かまれると死に至るケースもある。

 現場はJR福知山線中山寺駅の南東約1・5キロの住宅街。天神川の遊歩道横に位置し、砂場や広場などがある。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加