子宮頸がん予防ワクチンの接種後に全身の痛みやしびれなど副作用が報告されている問題で、患者らでつくる全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会の福岡県支部など4団体が19日、佐賀県へ被害救済の申し入れ書を提出…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加