小型スポーツタイプ多目的車の「C-HR」

 トヨタ自動車は14日、新しい小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「C-HR」を発売した。主力ハイブリッド車(HV)「プリウス」と同じ基本骨格を採用し、燃費性能は小型SUVでトップクラスのガソリン1リットル当たり最高30・2キロ。

 小型SUVは世界的に需要が拡大しており、C-HRは世界100カ国以上で販売する。希望小売価格は、四輪駆動のガソリン車が251万6400円から、前輪駆動のHVは264万6千円から。

 トヨタは複数の車種で部品を共通化し、車の性能を底上げする取り組み「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を進めている。C-HRはプリウスに続くTNGA導入の第2弾となる。

 佐賀県内では、西九州トヨタ、佐賀トヨペット、トヨタカローラ佐賀、ネッツトヨタ佐賀で販売する。来年1月7~9日に店頭発表会、14、15の両日に店頭試乗会を開く。

このエントリーをはてなブックマークに追加