「最近の若いやつは…」は、褒め言葉に変わりそうだ。将棋の藤井聡太四段をはじめ、各界にきら星のような才能が次々に現れて、未来への期待を抱かせてくれる◆先日、県内の商業高校生による研究発表の審査を務めたが、佐賀の「若いやつ」もたいしたもんだとうならされた。商業高校だけに内容は非常に実践的。巨大スクリーンを使いこなすのは当たり前で、ちょっとした寸劇を交えて笑いを誘う工夫まである◆実際に収益を目指す“会社”を設けている高校も多く、ビジネスの厳しさとやりがいを肌で感じているのがよく伝わってきた。杵島商業はインターネット商店街の立て直しを模索し、唐津商業はみたらし団子風のまんじゅうで勝負をかける◆地場産業である酒蔵の将来性を探った鹿島実業はそろいの前掛け姿で、きりっと。藻類バイオマスのPRに取り組む佐賀商業は着ぐるみのキャラクターで親しみやすく。佐賀女子高は「医療の未来」という大きなテーマに挑んだ◆最優秀賞は鳥栖商業で、8連覇の快挙。人気アニメ「ユーリ!!!on ICE」で聖地巡礼ブームの唐津市を素材に、口コミ情報を盛り込んだインターネット地図を作った。ITを使いこなす姿は、生まれた時から親しんできた「デジタル・ネーティブ」世代ならでは。「最近の若いやつは…」と舌を巻いた。(史)

このエントリーをはてなブックマークに追加