「グリンピース」の夏の交流会の様子

 佐賀女子短大の子育て支援の授業を受けている2年生が3日、双子・三つ子サークル「グリンピース」の夏の交流会を佐賀市のほほえみ館で開いた。

 学生たちは事前に双子や三つ子の子育ての体験談を聞き、多胎の出産・育児はリスクが高いことや、「グリンピース」があったから大変な子育てを頑張れたことなどを学んだ。当日は親子25組が参加し、夏祭りをイメージした会場でお店屋さんごっこを楽しんだ。 ある母親が「うちの子は落ち着きがなくて大変じゃないですか」と心配して言うと、学生は「とても元気が良くてかわいいです」と笑顔で答えた。子どもの姿を肯定的に受け止めて母親にきちんと伝える姿に成長を感じ、うれしかった。

 これからも「親の気持ちに寄り添い、子どもの成長をともに喜ぶ」大切さを伝えていきたいと思った。(中村由美子・佐賀女子短大非常勤講師)

このエントリーをはてなブックマークに追加