テニス女子団体決勝・致遠館-佐賀商 攻撃的なテニスで勝利を挙げた致遠館の第1シングルス古賀里奈=佐賀市の県庭球場

 テニス女子団体は、致遠館が決勝で佐賀商を2-0で破り、3年ぶりの栄冠を手にした。初戦の2回戦から決勝まで一つも落とさず、野田里絵子監督は「十分力を発揮してくれた」と選手たちをねぎらった。

 レギュラーは全員が2年生。佐賀商との決勝では、第1シングルスのエース古賀里奈が攻めのテニスで先取すると、第2シングルスの原口紗綺も安定したストロークで粘り勝ちした。

 古賀は「より実戦を意識して練習してきた。決勝でも普段通りの試合ができた」と喜びを語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加