広島を破り、笑顔を見せるMF高橋義希選手(14)ら鳥栖イレブン=広島市のエディオンスタジアム広島

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第19節の30日、広島市のエディオンスタジアム広島でサンフレッチェ広島と対戦し、1-0で完封勝ちした。鳥栖は今季アウェー戦で初勝利。通算成績は7勝6分け6敗(勝ち点27)で、順位は11位から10位に浮上した。

 約3週間の中断期間を経た最初の一戦。鳥栖は0-0で迎えた後半30分、途中出場のFW趙東建(チョドンゴン)選手が、センターライン付近から約50メートルの超ロングシュートを決めて先制した。

 その後は広島の猛攻を受けたが、GK権田修一選手を中心に体を張って守り抜いた。

 鳥栖は第20節の8月5日午後7時から、鳥栖市のベストアメニティスタジアムで清水エスパルスと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加