佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画に関する佐賀県の論点整理素案を巡り、佐賀市の秀島敏行市長は2日の会見で、佐賀空港の米軍利用に対する懸念を示した。

 県が米軍の空港利用について「米軍が恒常的に佐賀空港を利用することはない」との見解を示していることに対し、秀島市長は「(防衛省は)とりあえず、米軍利用を取り下げたという印象を持っている」と語り、県の素案とは異なる認識を示した。

 この日は市議会オスプレイ特別委員会もあり、計画に反対する地域住民の会から要望された地権者の意見聴取に関し論議した。議員からは、「要望には真摯(しんし)に向き合うべき」との声があった一方、「誰が地権者か分からない」など調整の難しさを指摘する声もあり、結論は持ち越した。

 住民の会会長で、地権者でもある古賀初次氏は委員会傍聴後、「地権者の多くは佐賀市民。聴取するための調整などは協力したい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加