昨年の佐賀大学前期日程入試の風景(佐賀市の本庄キャンパス)。今年はホテルが混み合い、宿泊予約が取れない受験生が出ている

 佐賀大学で25、26の両日に実施される前期入試を巡り、佐賀市内に宿泊先を確保できない受験生がいて、大学に相談が寄せられている。国公立大の前期入試は例年同じ日程で、今年はちょうど土日。観光客との競合に加え、同じ日に福岡市でコンサートを開く人気音楽グループのファンが福岡で宿を取れず、佐賀のホテルを予約している状況が混雑に拍車をかけているようだ。

 佐賀市内の宿泊施設は約2400室ある。旅行会社やインターネットの予約サイトによると、前期入試前日の24日と初日の25日は、市郊外の温泉旅館を除いてほぼ満室になっている。

 受験生の宿泊あっせんをしているJTB九州佐賀支店によると、受験生用に確保していた部屋は既に埋まり、24日は佐賀市内のホテルで一般客も含めて約50人がキャンセル待ちの状態という。佐賀大入試課には、「宿泊の予約が取れない」という問い合わせの電話が3日までに5件入っている。

 福岡市では24~26日に「三代目 J Soul Brothers」、25日と26日には「RADWIMPS」のコンサートがある。福岡都市圏では訪日外国人客の増加もあって宿不足が慢性化し、人気アーティストの福岡公演の際は、ファンらがJR佐賀駅周辺のホテルを利用するケースが増えている。

 佐賀大の前期入試の出願者数は約1950人。前年の傾向からすると、500人程度が佐賀や福岡、長崎の3県以外からの受験者とみられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加