佐賀県の観光説明に耳を傾ける参加者=タイ・バンコク(県観光連盟提供)

 佐賀県を舞台とした映画やドラマの撮影が増えているタイから観光客を呼び込もうと、山口祥義知事は3日、タイのバンコクで佐賀の魅力をトップセールスした。

 バンコク市で開かれた県の観光説明会・商談会には現地の旅行会社やメディア関係者約90人が集まった。

 山口知事は、2年前に佐賀で撮影されたタイのドラマ「STAY」に出演した俳優バンクさんと掛け合いをする形で、祐徳稲荷神社や嬉野温泉といった観光地を紹介した。県観光連盟が運用する観光アプリがタイ語に対応していることにも触れ、「ぜひ佐賀に来て」と呼び掛けた。県内からは唐津、伊万里、武雄、嬉野の4市や観光・宿泊施設も参加し商談に臨んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加