九州ろうきん杯第38回佐賀県少年サッカー選手権大会(県サッカー協会・佐賀新聞社主催、九州労働金庫佐賀県本部協賛)は最終日の5日、佐賀市の県総合運動場陸上競技場で準決勝2試合と決勝がある。

 午前10時からの準決勝第1試合は大会4連覇を目指すサガン鳥栖U-12(鳥栖市)とPLEASURESC(みやき町)がぶつかる。予選リーグ、決勝トーナメントの7試合で、サガン鳥栖U-12は45得点、PLEASURESCは51得点と攻撃陣は好調。両チームともにここまで2失点と守備も安定しており、締まった展開が予想される。

 第2試合は同11時15分から開始。FCBLASTと春日FCの佐賀市勢同士が激突する。FCBLASTは決勝トーナメント2回戦でPK戦を制して、勢いを持って4強入り。予選リーグを4勝1敗の1位で突破した春日FCも、接戦で準決勝まで勝ち進んだ。ともに勝負強さが光り、ロースコアな試合運びになりそうだ。

 決勝は午後2時にキックオフ。上位2チームは3月に宮崎県である九州大会に出場する。

このエントリーをはてなブックマークに追加