佐賀県は20日、本年度実施する公共工事の発注見通しを発表した。4月発表分から282件増え、698件(前年同期比104件増)となった。

 県は公共工事入札契約適正化法に基づき、予定価格250万円以上を対象に発注見通しを公表している。内容は工事の名称や場所、工期、入札方法など。県のウェブサイトや県庁さが元気ひろば、各総合庁舎でも閲覧できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加