10月28日から佐賀市で開かれる熱気球世界選手権まであと100日に迫る中、例年より大会規模が拡大したことで外国人選手の宿泊先や大会ボランティアスタッフの確保が難航している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加