鳥栖-広島 後半、前線へパスを出す鳥栖DF鄭昇炫=広島市のエディオンスタジアム広島

 7月初旬に鳥栖に加入したリオ五輪韓国代表のDFチョン・スンヒョンがJリーグデビューを果たした。高い危機察知能力で相手の決定機を封じ、完封勝利に貢献した。

 後半6分に途中出場すると、15分には左クロスのボールに合わせた広島MF茶島の強烈なシュートを体を張ってブロックし、ピンチを救った。

 チームに合流して間もないが、「問題なく連係することができた」とチョン・スンヒョン。殊勲弾を放った趙東建、一緒に守り抜いたキム・ミンヒョクと笑顔で勝利を喜んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加