フェスティバルでは、人手不足で難しくなっている中山間地の農地保全の方策などを論議した=佐賀市の三瀬公民館

 これからの中山間地農業について考える「佐賀北部地域おこしフェスティバル」が、佐賀市の三瀬公民館であった。高齢化や人口減などであぜやのり面の雑草対策が困難となる中、外部から人材を引き込んで共同作業している集落の事例などを学んだ。

 地元農家や関係者約60人が参加。同市富士町の苣木(ちやのき)集落は、休耕地を佐賀大学生が学ぶ場として提供することで、集落の草刈り作業も含めた環境保全に取り組んでいる事例を紹介した。

 さらに集落林について、福岡・佐賀を拠点に活動しているモトクロスバイクチームに競技コースとして利用してもらい、手入れが行き届くようになったことも報告。地元農家の取り組みでは草刈り専従の従業員を雇用した経験から、労務管理や賃金設定などの課題も論じた。

 このほか、分科会や傾斜地でも負担が少なく安全に作業できる自動草刈り機の実演もあった。水田強実行委員長は「雑草対策は農家永遠の課題だが、楽しく闘っていくヒントをつかんでもらったのでは」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加