北海道大樹町の実験場から打ち上げられる「インターステラテクノロジズ」の小型ロケット=30日午後4時30分

記者会見で小型ロケット「MOMO」の模型を手に記念撮影する(手前から)インターステラテクノロジズの稲川貴大社長、堀江貴文さんら。下は次世代機の模型=30日午後、北海道大樹町

■強度不足で破損、通信途絶

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は30日午後4時半ごろ、自社開発した小型ロケットを同町の実験場から打ち上げた。だが約70秒後にロケットからの通信が途絶えたため、エンジンを緊急停止させた。民間企業が単独で開発したロケットでは日本初となる高度100キロ以上の宇宙空間を目指したが到達せず、打ち上げは失敗した。

 成功すれば国主導の日本の宇宙開発にとって、本格的な民間参入の節目になると注目されていた。ロケットは高度約20キロに届いた後、実験場から約6・5キロ沖の太平洋に落下したとみられる。強度不足などによってロケットが上空で破損したことが通信途絶の原因とみられ、今後詳しく解析する。

 稲川貴大社長は記者会見で、宇宙に届かなかったものの「(通信途絶までは)機体からのデータは取れているので、非常に満足のいく結果だ」と述べた。また同社を創業した実業家堀江貴文さんは「うまくいかなかったところを改良して年内には後継機を打ち上げたい」と展望を語った。

 打ち上げたのは観測ロケットMOMO(モモ)で、全長約10メートル、直径約50センチ、重さ約1トンで液体燃料の1段式。発射約4分後に高度100キロ以上の宇宙空間に到達し、約50キロ沖の太平洋上に着水する計画だった。

 先端部にある観測機器で、速度や位置などの飛行状態を確認し、地上にデータを送ることになっていた。だが途中でデータが得られなくなった。

 打ち上げは当初29日午前を予定していたが、天候不良や燃料系配管の弁の不具合などで計4回延期した。

 同社は前身の宇宙愛好家団体によるロケット開発を引き継ぎ、堀江さんらが2013年に創業。社員は若手中心の14人で、超小型衛星を軌道に投入するロケットの開発を計画している。【共同】

■日本のロケット開発 国の機関を中心に、固体燃料と液体燃料の2タイプのロケットを開発してきた。固体燃料ロケットは1964年設立の東京大宇宙航空研究所(後に文部省宇宙科学研究所)を中心に開発。小惑星探査機はやぶさを打ち上げた小型のM5ロケットなどを生み出し、イプシロンが最新型。液体燃料の大型ロケットの開発は、国が69年に設立した宇宙開発事業団が主に担い、主力のH2Aは2001年に登場。宇宙研と事業団が03年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)に統合された後も、新型機の開発はJAXAが主導しており、民間企業が独自の開発に成功した例はない。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加