今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(敬称略)。

■佐賀西

 福山 野乃華(ふくやま・ののか)生徒会長。桜マラソンのボランティアに携わった。書道部でも入賞するなど活躍した。「佐賀の医療に貢献したい」と話し、国立大医学部を目指す。佐賀市八戸溝。

 福島 由子(ふくしま・ゆうこ)書道部で九州高文連揮毫(きごう)大会第一席に輝いた。「部活で友人の大切さ、感謝することを教わった」と振り返る。高校の教員になり書道を教えるのが夢。佐賀市鍋島町。

 渕上 真実(ふちがみ・まみ)女子柔道部主将を務め、県高校総体では個人3位に入った。佐賀大教育学部に進む。「障害児の社会参加を支える、特別支援学校の教員になりたい」。佐賀市諸富町。

 坂田 百花(さかた・ももか)学校行事に積極的に参加し、努力家。陸上部マネジャーを務め、「人の喜びを、自分も一緒に共感できることに気付けた」。国立大文系を志望する。鳥栖市平田町。

 小柳 伊央(こやなぎ・いお)サイエンス部長。物理の研究では、全国高校総合文化祭の文化連盟賞に輝いた。イギリスへ短期留学し数学、科学を学んだ。「家業を継ぎ歯科医になる」。佐賀市若宮。

 原口 泰雅(はらぐち・たいが)水泳部で活躍し、高校総体では九州大会に出場した。「農業分野に役立つような遺伝子組み換えの研究をしたい」と考え、国立大理系を志望する。佐賀市神園。

 西村 直峰(にしむら・なおたか)野球部主将、学校祭では委員長を担いリーダーシップを発揮した。「甲子園出場を目指し、仲間と通じ合えた」と語る。私立大経済学部を志望する。佐賀市諸富町。

■佐賀清和

 久野 侑花(ひさの・ゆうか)体育祭の応援団でリーダーを務めたのが一番の思い出。麻生公務員専門学校に進み、「地域の安全を守る憧れの警察官を目指す」。佐賀市開成。(情報ビジネス科)

 藤井 菜々子(ふじい・ななこ)女子ソフトテニス部のマネジャーを担い、「相手を気遣い、仲間を支える素晴らしさを学んだ」。西南学院大人間科学部に進学する。佐賀市兵庫北。(普通科)

 山田 楓(やまだ・かえで)吹奏楽部に所属し、九州マーチングコンテストで金賞を受賞した。「厳しい時もチームワークで乗り越えられた」。福岡大薬学部に進む。佐賀市鬼丸町。(探究文理科)

 石隈 渓歩(いしぐま・けいほ)生徒会役員を務め、活動を通して責任を果たす大切さを学んだ。佐賀広域消防局に就職し、「住民に信頼される消防士になりたい」。神埼市脊振町。(探究文理科)

 中山 きらら(なかやま・きらら)文化祭で得意のドラム演奏を発表し、好評を得たのが思い出。長崎大教育学部に進学。「子どもと一緒に成長していく教師を目指す」。江北町。(探究文理科)

 小濵 睦生(こはま・りくお)生徒会長として学校行事の運営を担った。「式などで誰よりも大きな声で校歌を歌い続けたのが思い出」。国立大理系を志望する。佐賀市鍋島町。(中高一貫科)

 山口 知昌(やまぐち・ともよ)担任教諭と二人三脚で学校生活を送ったのが最も印象に残る。九州大教育学部に進み、「子どもに寄り添う児童福祉司を目指す」。佐賀市八戸町。(特別進学科)

 次回は唐津西、唐津東の予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加