【第40回大会】デッドヒートを展開する選手たち。先行する岩下選手(玄海・中央)を抜き逆転した脇山敏選手(浜玉)。左は太田選手(YBM)=1987(昭和62)年1月25日、7区

【第64回大会】激しく雪が降る中、前半ゴールを目指す井上祥太郎選手(啓成中校区体協)=2011(平成23)年1月30日、4区

【第69回大会】笑顔で優勝のゴールテープを切るSUMCO伊万里の梅田諒承選手=昨年1月31日、唐津市の唐津神社前

【第69回大会】3年ぶりの優勝を果たし、選手に胴上げされるSUMCO伊万里の川久保圭一監督=昨年1月31日、唐津市の唐津神社前

■地域の絆つなぎ70年

 戦後間もない1948(昭和23)年、「地域を元気づけよう」と始まった東西松浦駅伝は5日、第70回記念大会を迎える。長い歳月を重ねてきた大会の記録写真は数々の名勝負、名場面を収め、沿道の応援や車両、道路の舗装状況からは暮らしの移り変わりも伝わってくる。

このエントリーをはてなブックマークに追加