安倍首相への提案について語る田原総一朗氏=30日午後、京都市内のホテル

 ジャーナリストの田原総一朗氏は30日、安倍晋三首相に提案した「政治生命を懸けた冒険」に関し「恐らく民進党も共産党も自由党も反対ではない。できるかどうか分からないが、それをやって(首相を)辞めてもいいという話をした」と京都市の会合で述べた。同時に「首相のためでも、もちろん自民党のためでもない。そのうち首相の行動を見て『こういうことだったんだ』と分かるだろう」とも語ったが、この日も詳しい中身は明かされなかった。

 首相は28日、田原氏を官邸に招いて昼食をともにした。面会後、田原氏は「政治生命を懸けた冒険をしないか」と持ち掛け、首相が前向きに受け止めたと記者団に説明したが、具体的な提案内容は明かさなかった。

 「冒険」の指し示す意味については、安倍内閣の支持率が急落していることもあり、衆院の早期解散や新たな連立政権構想、政界再編などさまざまな臆測が飛び交っている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加