第3シードの神埼清明が、序盤の大量失点を取り返せず、唐津商に苦杯をなめた。それでも竹内文人監督は、終盤粘りを見せた選手たちを「精神面で核になってくれる3年生が気力を出してくれた」とねぎらった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加