第3シードの神埼清明が、序盤の大量失点を取り返せず、唐津商に苦杯をなめた。それでも竹内文人監督は、終盤粘りを見せた選手たちを「精神面で核になってくれる3年生が気力を出してくれた」とねぎらった。

 主戦本幸司が捉えられるなどして三回までに7失点。「気持ちを切らせたら負けてしまう」と竹内監督が危惧したように、一方的な展開になってもおかしくなかった。

 だが、選手たちは誰一人として諦めなかった。ベンチから「まだ隙はある。つけ込め」と大声を出し、互いを鼓舞した。

 それが実る。七回裏、先頭の4番中島朋哉の左前打を足掛かりに2点を奪うと、八回には3番生島浩人の適時二塁打で1点を返した。意地を見せた3年生に、竹内監督は「この夏で一皮むけてくれた」と目を細めた。

 2年ぶりの8強入りはならなかった。だが2回戦で決勝打を放った田代悠斗や、この日も好救援を見せた三好永遠など1、2年生が多く残る。中島は「後輩たちも最後まで必死になってくれて、負けたけど楽しかった」と胸を張って最後の夏を終えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加