佐賀市社会福祉協議会の石丸義弘会長(左)に寄付金を贈った九州電力の三村雄希さん

 地域振興に役立ててほしいと5月31日、九州電力佐賀支社がチャリティーバザーの売り上げ17万6920円を佐賀市社会福祉協議会に贈った。

 チャリティーイベント「えききたマチ明かりフェスタ」実行委員の三村雄希さん(44)ら九電社員が社協事務所を訪れ、寄付金を手渡した。受け取った石丸義弘会長(73)は「震災の義援金が多い中助かった。大事に使いたい」と感謝した。

 チャリティーバザーは5月に佐賀市の九電佐賀支社内にコンビニエンスストアが開店したのに合わせ、「気軽に立ち寄ってもらおう」と企画した。バザーを実施した2階ホールのほか、ビル内にコンビニと直結した多目的室などもあり、三村さんは「空いたスペースで地域の催しが開ければ」と意欲を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加