11月23日に佐賀公演を行う辻井伸行さん(c)Yuji Hori

■7月9日から一般発売

 国内外で活躍するピアニスト辻井伸行さんの「みらかグループpresents 辻井伸行 音楽と絵画コンサート」(佐賀新聞社主催、佐賀市文化振興財団共催)が11月23日午後3時から、佐賀市文化会館で開かれる。2年ぶりとなる佐賀公演は、ラヴェル、ドビュッシーの印象派の名曲やオリジナル曲を演奏。辻井さんの繊細で豊かな表現力が美しい旋律を奏でる。7月9日から一般発売が始まる。

 今回の公演は第1部が自作曲、第2部でクラシック曲を披露する。父親と歩いた川辺をメロディーにした「川のささやき」などの自作曲や、クラシック曲ではドビュッシー「月の光」など絵画を想起する曲を取り上げ、ステージ上に映し出される名画とともに聴衆を魅了する。

 辻井さんは2009年、ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールを日本人で初めて制覇。カーネギーホール(ニューヨーク)、フィルハーモニー(ベルリン)で演奏するなど、日本を代表する若手ピアニストの一人として活躍する。佐賀での演奏は、一昨年9月以来2年ぶり。

 料金はS席8千円、A席7千円。問い合わせは佐賀市文化会館、電話0952(32)3000。

このエントリーをはてなブックマークに追加